スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

音階の対称性2 

前回に引き続き、逆行scaleについて考えてみます。

前回はmajor scaleとmelodic minor scaleの逆行scaleを考察しました。
今回はharmonic minor scaleの派生scaleを取り上げます。

まず、harmonic minor scaleのscale degreeは以下の通りです。

harmonic minor:(1,2,♭3,4,5,♭6,7)

これを1,2間、2,3間、3,4間,…の音程で表記すると、

harmonic minor:(全,半,全,全,半,短三,半) - (I)

となります。(I)を逆にすると、

(半,短三,半,全,全,半,全)

となり、これをscale degreeで表記すると、

(1,♭2,3,4,5,6,♭7)

となりますが、harmonic minor scaleの派生scaleでこれと一致するものはありません。

同様の操作を行っていくと、

[harmonic minor scale]

上行(下行) ⇔ 下行(上行)

harmonic minor:(1,2,♭3,4,5,♭6,7) ⇔ (1,♭2,3,4,5,6,♭7)
Locrian ♮6:(1,♭2,♭3,4,♭5,6,♭7) ⇔ (1,2,♭3,#4,5,6,7)
Ionian #5:(1,2,3,4,#5,6,7) ⇔ (1,♭2,♭3,♭4,5,♭6,♭7)
Dorian #4:(1,2,♭3,#4,5,6,♭7) ⇔ (1,2,♭3,4,♭5,6,♭7)
harmonic minor perfect 5th below:(1,♭2,3,4,5,♭6,♭7) ⇔ (1,2,3,4,5,♭6,7)
Lydian #2:(1,#2,3,#4,5,6,7) ⇔ (1,♭2,♭3,4,♭5,♭6,♭♭7)
super Locrian ♭7:(1,♭2,♭3,♭4,♭5,♭6,♭♭7) ⇔ (1,#2,3,#4,#5,6,7)

となり、harmonic minor scaleの派生scaleと一致するものは1つもありません。

以上より、harmonic minor scaleでは対称性が低いことが分かりました。
これは、半音の音程に加えて短三度の音程が登場することに起因していると考えられます。

これに対して、major scaleとmelodic minor scaleでは短三度の音程はなく、
全音と半音の音程のみで構成されているため、対称性が高くなっていると考えられます。


スポンサーサイト

音階の対称性 

久しぶりの投稿になります。

最近scaleの勉強をしていて、1つ気付いた点があります。
ひょっとするとjazzをやっている人、理論に精通している人には常識かもしれませんので悪しからず。

---

jazzを演るにはscaleの理解が不可欠ですが、その中でもmajor scale及びmelodic minor scaleからの派生scaleの2つは特に重要と考えられます。

当然ながら、それぞれのscaleの構成音間の音程は一意に決まっており、それがそのscaleを特徴付けています。
例えばIonian scaleのscale degreeは以下のようになります。

Ionian:(1,2,3,4,5,6,7)

これを1,2間、2,3間、3,4間,…の音程で表記すると、

Ionian:(全,全,半,全,全,全,半) - (I)

となります。(I)を逆にすると、

(半,全,全,全,半,全,全)

となりますが、実はこれはPhrigian scaleに他なりません。

同様の操作を行っていくと、以下のことが分かります。

[major scale]

上行(下行) ⇔ 下行(上行)
Ionian ⇔ Phrigian
Dorian ⇔ Dorian
Lydian ⇔ Locrian
Mixolydian ⇔ Aeolian


[melodic minor scale]

上行(下行) ⇔ 下行(上行)
Ionian ♭3 ⇔ Dorian ♭2
Lydian #5 ⇔ Locrian ♭4 (Altered)
Lydian ♭7 ⇔ Aeolian ♭5
Mixolydian ♭6 ⇔ Mixolydian ♭6


上記より、major scaleはmajor scale内で、melodic minor scaleはmelodic minor scale内で閉じている(!)ことが分かります。

また、この中でDorianと Mixolydian ♭6は上行も下行も同一のscaleになり、対称性の高いscaleであることも見逃せません。


キリンジ "陽の当たる大通り"のコード進行 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

さて、元旦に懸案だったこの曲のコード進行を採ってみました。
オリジナルはPizzicato Fiveで明るい曲調ですが、アレンジがピアノ1本ということに加えて、かなり大胆にリハモがなされているため、全く異なる曲調になっています。

最初のAメロ,A'メロが特に秀逸なため、そこに絞って以下に記載致します。

A
|F#m7/A Em7/A |F#m7/A Em7/A FM7-5/A |
|F#m7/A Em7/A G7(9,13) |F#m7 Cdim7 |
|GM7(9) |G#m7-5 GmM7 |
|F#m7(9) Bm7 |EmM7 Em7 Em7/A |

A'
|F#m7/A Em7/A |F#m7/A Em7/A FM7-5/A |
|F#m7/A Em7/A G7(9,13) |F#m7(9) Am7/D D7(9,#11,13) |
|GM7(9) |C#m7 C7(9,#11) Bm7 G#dim |
|F#m7 Bm7 BmM7 |EmM7 Em7 Em7/A |
|F#m7/A |CM7/D G#7(9,#11) |


本当にどうやったらこんな進行を思い付くのだろう?というくらい素晴らしいです。
以下に気になった点を列記致します。

・ベースペダルポイントを多く使用している

・AメロとA'メロでコード進行を微妙に変えている
A:F#m7 Cdim7、A':F#m7(9) Am7/D D7(9,#11,13)
A:G#m7-5 GmM7、A':C#m7 C7(9,#11) Bm7 G#dim
※どちらもA'メロの方がより複雑になっています
しかも、ただ複雑にしただけでなく構成自体を変えていますね

・BmM7やEmM7などのmM7コードを経過的に使用している
※堀込高樹氏が得意とする手法だと思います


自分もこのようなリハモが出来るよう、日々鍛錬したいと思います。


globe feat. KEIKO "on the way to YOU" のコード進行 

初めて聴いたとき、イントロのストリングスに度肝を抜かれました。
以前コード進行を採っていたので、載せておきます。


|E♭M7(#11)/G D♭M7(#11)/F |G♭M7(9,#11) |
|D♭M7(#11)/F E♭m7 E♭m7/G♭ |Am7/D |
|G7(♭9,13) |


見ての通り、M7コードに対して#11thや転回形を使用したとても複雑なコード進行です。
M7コードの場合、#11thを使うことで1つのコードでM7音程が2つ登場しますが、これが緊張感の高い響きに聴こえる所以かもしれません。


Maurice Ravel "Jeux D’Eau" 冒頭のコード進行 

以前から印象主義音楽の和音について、Jazzとの近親性を強く
感じていましたが、実際にどのような和音かを分析することは
耳コピではかなり難しいので避けていました。

この度、水の戯れの楽譜(一部)を入手しましたので、冒頭部分を
無理矢理コード進行で表記してみました。


key = E

|EM7(9) AM7 EM7(9) AM7 |EM7(9) |
|AM7 D7(9,#11) AM7 D7(9,#11) |
|AM7 D7(9,#11) B♭7(9,#11) G7(9,#11) E7(9,#11) C#7(9,#11) |


はい、この冒頭4小節だけでこの曲の凄さが分かるというものです。

まず、それまでの音楽にあまり登場しなかったM7thコードが
多く見受けられます。
これは、先に発表されたジムノペディ(@Erik Satie)や
亡き王女のためのパヴァーヌなどにも見られる傾向であり、
ひょっとしたらこの時代の特徴の一端を表しているのかもしれません。

次に、ドミナント7thコードにおいて、9th,#11thが
多用されていることも分かります。
これは正しくJazzでよく使用されるテンションであり、
特に#11thはroot音に対して増4度音程になるため、
特徴的な響きを出すことが出来ます。

さらに、このドミナント7thコードの使い方が卓越しています。
D7(9,#11)は度数表記するとⅦ♭7(9,#11)となりますが、
そもそもⅦ♭7自体が機能和声から外れるため
あまり使用されてこなかった和音ではないかと思います。
また、下線部分は同じコード種のまま短3度ずつ降りていく進行となっており、
調性が非常に曖昧になっています。
このあたりもJazzでよく使われる技法だと思います。


今回レビューしたのはほんの一端ですが、
それでもJazzとの近親性が充分に認められます。
自分の感覚は間違っていなかったこと、
そして印象主義音楽の構造を垣間見れたことをとても嬉しく思いました。

Fly Me To The Moon ~坂石 翔の解釈~ 

Jazzのスタンダードナンバーの中でもかなりの頻度で耳にする曲です。

この曲のコード進行についていろんな解釈があると思いますが、
私なりの解釈を載せておきます。


|Gm6(9) Cm7(9) |F7(♭9,13) B♭M7(9) B♭7(9,♭13) |
|E♭M7(9) Am7-5(♭9) |D7(#9,♭13) Gm7(9) G7(♭13) |
|Cm7(9) Cm7/F |B♭M7(9) E♭M7(9) |
|Cm7(9) Cm7/F |B♭M7(9) E7(9,#11) Am7-5 D7(♭9) |


Manha de Carnaval ~坂石 翔の解釈~ 

映画「黒いオルフェ」の主題歌として有名な曲です。
この曲のコード進行についていろんな解釈があると思いますが、
私なりの解釈を載せておきます。


|Em7 |F#m7-5 B7(♭9) |
|G6(9) |F#m7-5(11) F7(#11) |
|Em7 |Am7(9) D7(♭9,13) |
|GaugM7(9) GM7(9,13) |Bm7-5 E7(♭9) |

|Am7 |Am7/D D7(♭9) |
|GM7(9) |CM7(9,#11) |
|F#m7-5/A |F#m7-5 B7(♭9) |
|Em7 |F#m7(11) B7(#9,♭13) |

|Em7 |F#m7-5 B7(♭9) |
|G6(9) |F#m7-5(11) F7(#11) |
|Bm7-5 |E7(♭9,♭13) |
|AmM7(9) |Am7(9) |

|Am7 |F#m7-5 B7(♭9) |
|Em7 Em7/D |CM7(9) C7(9) |
|A/B |B7(#9,♭13) |
|Em7 |F#m7-5 F7(9,13) |


解釈するにあたり、以下を心掛けました。

・マイナー感を強調するため♭9を多用する。
・裏コードを使用する部分としない部分を織り交ぜて単調にならないようにする。
・GaugM7(9)、AmM7(9)など、非典型的な響きのコードを使用する。(*)

*:GaugM7(9)の構成音は(G,B,D#,F#,A)、AmM7(9)の構成音は(A,C,E,G#,B)です。これをルート音(R)からの音程列で表すと、それぞれ(R,M3,M3,m3,m3),(R,m3,M3,M3,m3)となります。どちらも途中に(M3,M3,m3)の音程列が登場しますが、この音程列は変わった(非典型的な)響きになります。

aiko 「くちびる」のコード進行 

・流れるような中にも跳躍のあるメロディ(特にEの部分)
・サビでのブルーノート(♭3)の多用
・ドミナントの裏コード(E7)の使用

あたりがaikoらしい、いい曲だと思います。

<演奏順序>
A - B -
C - D - E - F -
G -
D - E - F -
H -
F - I -
J

A
|Fm7 |Fm7/B♭ |
|E♭M7 |B♭m7/E♭ |

B
|A♭M7 B♭/A♭ |Gm7 C7 |
|A♭M7 B♭/A♭ |Fm7 Fm7/B♭ Bdim |
|Cm7 B♭/C |Gm7 C7 |
|Fm7(9) Gm7 |A♭m7 A♭m7/D♭ |

C
|E♭M7 A♭M7 |Gm7 Cm7 |
|B♭m7 B♭m7/E♭ |A♭M7 Fm7/B♭ |
|E♭M7 A♭M7 |Gm7 Cm7 |
|Fm7 E7 |E♭M7 Fm7/B♭ |

D
|E♭M7 A♭M7 |Gm7 Cm7 |
|B♭m7 B♭m7/E♭ |A♭M7 Fm7/B♭ |
|E♭M7 A♭M7 |Gm7 Cm7 |
|Fm7 E7 |E♭M7 G7 |

E
|Cm |Baug |
|E♭/B♭ |Adim7 |
|A♭M7 |A♭M7/B♭ Bdim |
|Cm7 Bm7 |B♭m7 B♭m7/E♭ |

F
|Fm7 |Fm7/B♭ |
|Gm7 |Cm7 |
|Fm7 |Fm7/B♭ |
|B♭m7 |B♭m7/E♭ |
|Fm7 |Fm7/B♭ |
|Gm7 |Cm7 |
|Fm7 |Fm7/B♭ |
|E♭M7 |B♭m7/E♭ |

G
|A♭M7 |A♭mM7 |
|Gm7 |Fm7 Fm7/B♭ |

H
|A♭M7 |B |
|E♭M7 |B♭/C C7 |
|Fm7 Gm7 A♭M7 |A♭m7 |
|A♭m7/D♭ |B♭m7/E♭ |

I
|A♭M7 |A♭mM7 |
|Gm7 |B♭/C C7 |
|Fm7(9) Gm7 |A♭m7 A♭m7/D♭ |

J
|BM7 EM7 |AM7 DM7 |
|E♭M7(9) |

My Favorite Chord Progression vol.2 

お気に入りのコード進行を列記します。


・key = C
|FM7/G |A♭M7/B♭ |F/G A♭/B♭ |G/A B♭/C |
|A/B C/D |B♭/C Am7 |G7(♭9,13) |
オンコード+短3度進行でフュージョン感全開、爽快な感じを出せそう。


・key = Cm
|D♭M7(#11,13) |Cm7(11,♭13) |B♭m7(9,11) |G7sus4 |
天空の城ラピュタ "空から降ってきた少女"より。
M7に#11thを入れるととても神秘的に響く。Cm7(11,♭13)なんて
中々見ないコードだ。


・key = A♭
|A♭ %/G♭ |B♭/F EM7(#11) |A♭ %/G♭ |B♭/F E/G♭ |
小曽根真 "Gentle Dream"より。
1回目のEM7(#11)に対する2回目のE/G♭が意表を付いてgood。


・key = E
|E D#m7 |DM7(9) C#m7 |CM7(9) F#m7/B |
paris match "HAPPY-GO-ROUND ~AND WE LOVE YOU~"より。
半音ずつベースが下りていくのが心地よい。


・key = B,G,E♭
|BM7 D7 |GM7 B♭7 |E♭M7 |Am7 D7 |
|GM7 B♭7 |E♭M7 F#7 |BM7 |Fm7 B♭7 |
|E♭M7 |Am7 D7 |GM7 |C#m7 F#7 |
|BM7 |Fm7 B♭7 |E♭M7 |C#m7 F#7 |
John Coltrane "Giant Steps"より。
長3度転調の繰り返し。各key 同士の対称性が高い、トリッキーな進行。


・key = G
|Em7(9) Am7 |Em7(9) F#m7(9,11) |F7(9,#11,13) |
キリンジ "雨は毛布のように"より。
B7の裏コードとしてF7(9,#11,13)を使うあたりさすが。


・key = D
|Em7(9) A7(9,13) F#m7 Bm7 |GM7(9) F#7(#9,♭13) Bm7 G#m7-5 |
|C#m7-5 F#7(#9,♭13) Bm7 C/D |B♭/C |
土岐麻子 "September"より。
連続する同じメロディに対して異なる3つのコード進行が提示されている。


・key = E
|Eadd9 A#7(9,#11) AM7 D7(9,#11) |
Cymbals "GLIDE"より。
E7の裏コードにA#7(9,#11)、AmM7の代理コードにD7(9,#11)といった
感じだろうか。


・key = Gm
|Gm7 Gm7/F |E♭7 C/D D7(♭9,♭13) |
Febian Reza Pane "Água de Beber"より。
E♭M7ではなく、あえてのE♭7がいい味出してる。


・key = A♭
|D♭M7 D♭/E♭ D♭7(9,13) |Cm7 Fm7 B7(9,13) |
|B♭m7 %/E♭ |A♭ D♭6 EM7 D7(9,#11) |
Bobby Caldwell "カムフラージュ"より。
G7の裏コードとしてのD♭7(9,13)、F7の裏コードとしてのB7(9,13)が
隠し味となっている。

My Favorite Chord Progression vol.1 

お気に入りのコード進行を列記します。


・key = B♭
|D♭M7/E♭ EM7/G♭ |BM7/D♭ DM7/E |Cm7/F |B♭6(9) |
フュージョン的なオンコード+短3度進行を利用したコード進行。
最後はオサレに6(9)で。


・key = G
|CM7(9) Bm7 |Am7 %/D C#7(9,#11) |CM7(9) Bm7 |Am7 C#7(9,#11) |
循環コードとして使える。
G7の裏コードであるC#7(9,#11)→CM7(9)の流れが好き。


・key = A
|DM7(9) C#7(♭9,#11) |C#sus4/A# A7(9,13) |G#m7(9) G7 |F#sus4 F#7 |
Bobby Caldwell "What You Won't Do For Love"のLive ver.より。
ベースが半音下行する一方で、内声部が半音上行するのが素晴らしい。


・key = F
|Fadd9 B7(9,#11,13) |Fm7/B♭ |D♭M7(9) B♭/C |
Earth Wind & Fire "After The Love Has Gone"のLive ver.より。
F7の裏コードであるB7(9,#11,13)からの短3度上の転調がツボ。


・key = G
|Em Bm/D |CM7 Dsus4/B |Am7 D7(9) |GM7(9) F#m7(9,11) F7(9,#11) |
keiko (from Vanilla Mood) "海の見える街"より。
F#m7(9,11)→F7(9,#11)の半音下行(11th以外全て)が絶妙。


・key = C
|Am7(9) C7(9,#11) |FM7(9) B♭7(9,13) |Am7(9) F7(9) |DM7(9) E7(#9) |
キリンジ "車と女"より。
C7(9,#11)の使い方が巧い。


・key = D
|Em7 A7(9) |DM7(9) |C#7(13) F#7(#9,♭13) |A/B Badd9 |
Chick Corea "Spain"より。
C#7(13)のout-scaledな響きがタマらん。
F#7(#9,♭13)を裏コードのC7(9,13)に置き換えて半音下行にしてもいい感じ。


・key = E♭
|Cm7(11) D♭6(9) |A♭6(9) Gm7(♭13) Gm7 |
keiko (from Vanilla Mood) "風のとおり道"より。
調性感を抑えてcoolな感じを出したいときに使える。
左手はトライアドをブロックコードで押さえ、右手は(F-B♭-E♭)の4度Voicingをすると似たような感じになる。


・key = F
|FM7 |Em7-5(9,11) A7(♭9,#11) A7(♭9) |
|Em7/A A7(♭9,13) A7(♭9,♭13) A7/C# |
|Am7/D Dm7 D♭m7 Cm7 %/F |
中島美嘉 "Stars"より。
IIm7としてEm7-5(9,11)を使用していること、
その後のV7のコードが目まぐるしく変化していることが秀逸。


・key = C
|FM7 B7(♭9,13) |Em7 A7(#9,♭13) %/G |
|F#m7-5 Bm7-5 E7(#9,♭13) |Gm7(9) %/C |
冨田ラボ "Like A Queen feat. SOULHEAD"より。
F7の裏コードとして用いているB7(♭9,13)の存在感が大きい。

Garota de Ipanema ~坂石 翔の解釈~ 

言わずと知れたJobimの名曲です。
この曲のコード進行についていろんな解釈があると思いますが、
私なりの解釈を載せておきます。

|F6(9) |G7(#11,13) |
|Gm7(9,11) G♭7-5 |Am7 A♭7(9,13) Gm7 G♭7(9,13) |
|F6(9) |G7(#11,13) |
|Gm7(9,11) G♭7-5 |F6(9) |

|G♭M7(9) |B7(9,#11) B7(9) |
|F#m7(9) |D7(9,#11) D7(9) |
|Gm7(9) |E♭7(9,#11) E♭7(9) |
|Am7 D7(♭9,#11) |Gm7 C7(♭9,#11) |


最初のコードはFM7と記載されることが多いようですが、
ここではBossaっぽくF6(9)とした方が雰囲気が出るのではないかと思います。

また、曲全体に#11thが多く登場しています。
特に最後のD7(♭9,#11),C7(♭9,#11)の部分はメロディが各コードの
#11thとなっており、この曲を特徴付けています。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。