スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キリンジ "陽の当たる大通り"のコード進行 

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願い致します。

さて、元旦に懸案だったこの曲のコード進行を採ってみました。
オリジナルはPizzicato Fiveで明るい曲調ですが、アレンジがピアノ1本ということに加えて、かなり大胆にリハモがなされているため、全く異なる曲調になっています。

最初のAメロ,A'メロが特に秀逸なため、そこに絞って以下に記載致します。

A
|F#m7/A Em7/A |F#m7/A Em7/A FM7-5/A |
|F#m7/A Em7/A G7(9,13) |F#m7 Cdim7 |
|GM7(9) |G#m7-5 GmM7 |
|F#m7(9) Bm7 |EmM7 Em7 Em7/A |

A'
|F#m7/A Em7/A |F#m7/A Em7/A FM7-5/A |
|F#m7/A Em7/A G7(9,13) |F#m7(9) Am7/D D7(9,#11,13) |
|GM7(9) |C#m7 C7(9,#11) Bm7 G#dim |
|F#m7 Bm7 BmM7 |EmM7 Em7 Em7/A |
|F#m7/A |CM7/D G#7(9,#11) |


本当にどうやったらこんな進行を思い付くのだろう?というくらい素晴らしいです。
以下に気になった点を列記致します。

・ベースペダルポイントを多く使用している

・AメロとA'メロでコード進行を微妙に変えている
A:F#m7 Cdim7、A':F#m7(9) Am7/D D7(9,#11,13)
A:G#m7-5 GmM7、A':C#m7 C7(9,#11) Bm7 G#dim
※どちらもA'メロの方がより複雑になっています
しかも、ただ複雑にしただけでなく構成自体を変えていますね

・BmM7やEmM7などのmM7コードを経過的に使用している
※堀込高樹氏が得意とする手法だと思います


自分もこのようなリハモが出来るよう、日々鍛錬したいと思います。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。