スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Manha de Carnaval ~坂石 翔の解釈~ 

映画「黒いオルフェ」の主題歌として有名な曲です。
この曲のコード進行についていろんな解釈があると思いますが、
私なりの解釈を載せておきます。


|Em7 |F#m7-5 B7(♭9) |
|G6(9) |F#m7-5(11) F7(#11) |
|Em7 |Am7(9) D7(♭9,13) |
|GaugM7(9) GM7(9,13) |Bm7-5 E7(♭9) |

|Am7 |Am7/D D7(♭9) |
|GM7(9) |CM7(9,#11) |
|F#m7-5/A |F#m7-5 B7(♭9) |
|Em7 |F#m7(11) B7(#9,♭13) |

|Em7 |F#m7-5 B7(♭9) |
|G6(9) |F#m7-5(11) F7(#11) |
|Bm7-5 |E7(♭9,♭13) |
|AmM7(9) |Am7(9) |

|Am7 |F#m7-5 B7(♭9) |
|Em7 Em7/D |CM7(9) C7(9) |
|A/B |B7(#9,♭13) |
|Em7 |F#m7-5 F7(9,13) |


解釈するにあたり、以下を心掛けました。

・マイナー感を強調するため♭9を多用する。
・裏コードを使用する部分としない部分を織り交ぜて単調にならないようにする。
・GaugM7(9)、AmM7(9)など、非典型的な響きのコードを使用する。(*)

*:GaugM7(9)の構成音は(G,B,D#,F#,A)、AmM7(9)の構成音は(A,C,E,G#,B)です。これをルート音(R)からの音程列で表すと、それぞれ(R,M3,M3,m3,m3),(R,m3,M3,M3,m3)となります。どちらも途中に(M3,M3,m3)の音程列が登場しますが、この音程列は変わった(非典型的な)響きになります。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://slopestone.blog60.fc2.com/tb.php/83-55481d67

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。